美白の有効成分|外見コンプレックスのほうれい線を消す化粧品|効果的な若返り

外見コンプレックスのほうれい線を消す化粧品|効果的な若返り

レディー

美白の有効成分

化粧水をつける人

化粧品の種類

春になると紫外線が強くなり、日焼けが気になってきます。日焼けはシミやしわの原因となるので、美白の大敵です。私たちが普段使用する化粧品は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と3つに分けられます。「医薬品」は厚生労働省により、効果・効能が認められている成分が入ったものです。病気の治療を目的とした薬で、医師の処方箋が必要なものもあれば、ドラッグストアで買えるものもあります。ワセリンも医薬品です。「医薬部外品」は厚生労働省が認めた効果・効能のある成分が一定濃度配合されたものです。治療より、予防、衛生目的です。「化粧品」は医薬部外品よりも効果効能は緩やかで厚生労働省の許可は必要ありません。美白化粧品と呼ばれる製品は医薬部外品のことです。

美容液が一番大切

医薬部外品の美白化粧品の成分には以下のようなものがあります。ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、リノール酸、エラグ酸、プランセンタエキス、トラネキサム酸などです。美白を意識している人はこのような成分が入った化粧品を選ぶと良いでしょう。メラニン排出には最低1〜2か月かかるので、美白効果を実感するには、美白化粧品を使い始めてから、2〜3か月はかかると言われています。美白化粧品と言っても化粧水、乳液、クリーム、美容液と色々な種類があります。化粧水の90%は水分なので、これにあまり高いお金をかける必要はないです。化粧水は肌を湿らせて、美容液の成分を浸透させやすくするためのものです。乳液やクリームは化粧水分の水分の蒸発を防ぎます。そのため、一番お金をかけるべきは、美容液で、美白の有効成分が多く入った美容液を選ぶ方が良いです。